腸内環境の関連書籍

漬物を食べないと腸が病気になります 植物性乳酸菌が腸の免疫力を上げる
50年前の9倍!大腸がんの増加が止まらない!漬物やキムチに含まれる植物性乳酸菌が日本人を救う!免疫細胞の6割が存在する、腸を元気にする「地中海式和食」とは?

見た目は腸が決める
「食物繊維」「植物性乳酸菌」が「腸内フローラ」決め手!4万人の腸を診てきた実績と豊富なエビデンスをもとに、誰でも見た目が若返る“快腸”テクニックをやさしく解説!

昭和「思い出し」クイズ 楽しみながら脳を活性化!
思い出すだけでドーパミンが分泌され、脳が若返る!“脳トレ”とは違い、懐かしくて楽しめる問題を厳選。

「排便力」をつけて便秘を治す本 専門医のアドバイスで「健康な腸」を取り戻そう
若い女性のほか高齢者にも増えている便秘。市販の下剤に頼りすぎると、ますます症状を悪化させてしまう危険も。何より大切なのは、本来の腸の健康を取り戻し、「排便力」をつけること。消化器系の専門医で「便秘外来」のさきがけでもある著者が、腸を整える食事法や、薬との付き合い方を解説。今日から始めて「毎朝スッキリ!」な幸せを手にしよう。

腸はぜったい冷やすな!
がんの中で、大腸がんの死亡者数は、女性で1位、男性で3位。その原因のひとつといえる腸の冷えと便秘を解消する食&生活習慣を、4万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきた専門医がアドバイス。腸が元気に動き出す食材、オリーブオイルを上手に取り入れた「地中海型和食」など、簡単に続けられる“快腸”ライフスタイルを提案する。

寿命の9割は腸で決まる
腸の働きが低下する「停滞腸」は、大腸がんだけでなく、糖尿病やさまざまな内臓の不調、うつ病の発症にも大きく関わっていることが明らかになってきた。人間の寿命は、まさに腸の健康状態で決まると言っても過言ではない。「糖質制限は腸に致命的なダメージを与える」「ヨーグルトは万能ではない」「腸は絶対冷やすな」「大腸の動きを良くするにはウォーキングが一番効果的」など、のべ4万人以上の腸を診てきた専門医が、誰でもすぐ簡単に取り入れられる食習慣・生活習慣をアドバイス。腸健康法の決定版!

「炭水化物」を抜くと腸はダメになる
4万人の腸を改善してきた実証。「食物繊維」「オリゴ糖」…で腸内環境がよくなれば、主食をしっかりとっても体がスッキリ軽くなる!炭水化物を上手にとれば、腸は強くなる!

腸に悪い14の習慣 「これ」をやめれば腸が若返る
「免疫細胞の6割は腸に存在する」という言葉通り、若々しく、病気知らずの体の土台となる器官・腸。しかし、腸をダメにする習慣を知らず知らずのうちに続けてしまっている人は、あまりに多い。たとえば「糖質オフダイエット」や「一日一食」といった健康法。あるいは「マクロビオティクス」やヨーグルトといった食事。あなたが「健康にいい」と思っていることが、じつは老け腸や不調の原因となっているのだ。本書では、のべ4万人の腸を診てきた名医が、豊富な臨床経験と医学的実証をもとに「やめるだけ」で腸が若返る習慣を明らか...

日本一の長寿県と世界一の長寿村の腸にいい食事
日本一の長寿県である、長野県と滋賀県。そして、世界一の長寿村であるイタリア・チレント地域のアッチャロリ村。驚くべきことに、これらの「長寿地域」の人々の食事には、共通点があった。それは、腸専門医である著者が提唱している「地中海式和食」という食事である。7つの食材と3つの「食べ方」を実践すれば、腸が健康になり、がんや糖尿病、さらには認知症の予防や若返りの効果も期待できる。様々な調査結果や最新の医学研究のエビデンスと照らし合わせながら、世界と日本の「腸寿(長寿)食」を徹底検証した刮目の書。

オリーブオイルで老いない体をつくる
自然の恵みであるオリーブオイルは、老化を防止するための様々な可能性を秘めている。悪玉コレステロールの作用をブロックし、アルツハイマー病などを抑制する効果。さらに、メタボや動脈硬化の予防にも役立つことが分かってきた。オリーブオイルの選び方、味わい方、レシピに加え、いろいろな効用を知って、健康長寿を手に入れよう。