ポリフェノール乳酸菌生産物質とは

ポリフェノール乳酸菌生産物質はぶどうの果皮や種に乳酸菌を加え、発酵させたものです。

乳酸菌は、人体の消化器官内に生息して、腸の働きを高める善玉菌の代表格として知られています。また、乳酸菌には糖を分解して自身の栄養分とし、増殖する過程で乳酸などを生成する発酵という働きがあります。これを活用して、ヨーグルトやキムチ、味噌や納豆など、古くから多種多様な発酵食品が作られてきました。発酵食品が健康や長寿に良いことは、既に常識になっていますね。

ポリフェノール乳酸菌生産物質には、生きた乳酸菌は含まれていませんが、勤怠成分(死菌)や、発酵過程で新たに作り出された様々な乳酸菌生産物質(オリゴ糖、有機酸、アミノ酸、ペプチドなど)が豊富に含まれています。最近の研究では乳酸菌生産物質や菌体物質を摂り入れる方が、生きた乳酸菌をそのまま摂るよりも効果が高いことが明らかになっています。生きた乳酸菌を摂っても、そのまま腸内細菌として定着することは難しく、乳酸菌生産物質や菌体物体を摂る方が腸内の善玉菌を活性化させたり、免疫力の増強に直接働いたりして、腸内環境の改善に効果を発揮するのです。

しかも、ポリフェノール乳酸菌生産物質は、ぶどうの種皮に含まれる有効成分が、乳酸菌の発酵パワーで、体内に吸収され易い形に変わります。ぶどうの種皮には、アントシアニンやレスベラトロールといったポリフェノールは、万病や老化の元凶と云われる活性酸素を消去する抗酸化作用に優れた物質ですが、普通にぶどうを食べても、種や皮は体内で殆ど消化されずに排泄されてしまいます。ところが、ポリフェノール乳酸菌生産物質では、生のぶどうの果皮と比べて30倍以上もアップするのです。

>> 糖質制限・食事制限でお悩みの方むけのサプリメント 【ポリフェノール乳酸菌生産物質】